お墓参りは一人で行ってはいけない理由は

お墓参りって1年に何度か行く機会ありますよね。
お彼岸やお盆、でも仕事で休みが取れない人も多いはず。

休みの日に一人でゆっくり行きたいけど、
お墓参りは一人で行ってはいけないって聞いた事ありませんか?

ただの迷信なのか、本当なのか調べた事をこれから紹介していきます。

お墓参りは一人で行ってはいけないの?

そんな事はありません。

一人でお墓参りに行っても大丈夫です。

お墓参りのマナーとして誰かと一緒に行かないといけないなんてありません。

毎回誰かと行くとなると、気軽に行けないですよね。

一人でもきちんとお墓参りに行く事は素晴らしいことです。

ご先祖様もきっと喜ぶでしょうね。

お墓参りに一人で行ってはいけないといわれる理由

一人で行くと霊に取り憑かれるなんて言いますが、

ご先祖様がいるお墓でそんな事、おこるはずありませんよね。

昔はお墓が山にあったり、

一人で行くのは危険な事が多かった為に言われていたそうです。

今は道も整備されていて、お墓も比較的行きやすい所にある事が多いです。

気にしないで大丈夫でしょう。

ただし、荷物を持っての階段の上り下りなど、危険な場所もあります。

高齢の方や足腰の弱い方はくれぐれも気をつけて下さい。

お墓参りでしてはいけない事

1.お酒をかける

故人が好きだったお酒やジュースをお墓にかける方がいますが、これはよくありません。

墓石の石目に染み込み、カビや変色の原因になってしまいます。

水以外の物をかけるのはやめましょう。

2.お供え物をおいてかえる

動物に荒らされたり、腐ったりしてしまいます。

ご先祖様は香りを食べると言われているので、お供えした時点で召し上がっています。

お供え物は必ず持ち帰りましょう。

3.避けたほうがいいお花

お供えするお花には特に決まりはありません。

故人の好きだったお花を持っていくのも喜ばれるでしょう。

しかし、避けたほうが良いお花もあります。

とげや毒のあるお花、匂いのきついお花はやめておきましょう。

お供えのお花に菊がよく選ばれる理由は

長持ちする、花びらや花粉で汚しにくいとされているからです。

お墓参りに適したお花を持っていきましょう。

お墓参りの手順

お墓参りの手順は一般的に「掃除」「お供え」「お参り」の流れで行います。

ただし、お墓参りに特別な作法はありません。

ご先祖様に感謝し、手を合わせる事が一番大切です。

まとめ

お墓参りのマナーで一人で行ってはいけないなんて事はありませんでした。

気にせずに一人で行って問題ないです。

しかし、お供え物やお花に関しては多少マナーがありますので、

ご先祖様に喜んで頂けるようなお墓参りをしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました