シアバターでシミが消えたよ!シアバターの5つの驚くべき力

「シアバターでシミが消えた、消えた!」って最近よく耳にする機会もあるかと思いますが、実際シアバターは何なのか、バターとして料理として使うの?何にどんな効果があるの?など
実は知らないという人もいるのではないでしょうか。

この記事ではシアバターについて紹介します。シアバターには知られざるすごい力がありますので、この記事を読んだらシアバターを使いたいと思っていただけると思います。

シアバターは女性だけでなく男性にも、年齢関係なくみんなに使っていただきたいです!

そもそもシアバターって何?

シアバターって何?

シアバターはシアーバターの木の種子の胚からとれる植物性油脂です。常温では固体ですが、肌にのせると体温で溶けてオイル状になります。そのため、「オイル」ではなく「バター」と呼ばれます。

シアはアフリカ大陸のガーナ・ブルキナファン・ナイジェリアなどのシアベルトと呼ばれる一帯で生産されています。

シアは花が咲くまで20年、実がなるまで20年程かかると言われています。

さらにシアは「神秘の木」として崇められ、女性しか木に触れることが許されないということで収穫などの作業は全て女性が行うようです。

アフリカでは、万能薬として昔から重宝されています。火傷やかゆみ止め、美肌オイルとして幅広く利用されていました。

シアバターの成分

シアバターはほとんどがステアリン酸とオレイン酸です。

ステアリン酸はバリア機能の改善に役立つ成分です。

オレイン酸は美肌効果があると言われています。

その他にもトコフェロールやカロチノイドといった酸化防止の効果のある成分なども少し含まれています。

成分だけみてもお肌に良さそう!と思えますよね。

シアバターの効果

シアバター シミが消えた

シアバターはスキンケアやヘアケアなどに用いられますが、効果として期待されているものを紹介します。

・高い保湿効果

シアバターの成分で紹介したステアリン酸とオレイン酸は高い保湿効果と抗酸化作用があります。そのため、シアバターは「高い保湿力を持つ」という代名詞になりました。

保湿力が高いということはお肌にうるおいを与え、ハリやツヤをお肌にもたらします。

・シミに効く

ビタミンEが含まれています。シミは紫外線の影響により、活性酸素が増えることでできます。この活性酸素を除去する働きがあるのが、ビタミンEです。そのため、シアバターはシミ予防にも効果があると言われています。

シアバターは天然のものなので、市販の日焼け止めでは肌が荒れてしまう敏感肌の方でも紫外線予防にシアバターを使用することができます。

・美肌効果

シアバターは抗酸化作用があるため、アンリエイジングにも効果があると言われています。保湿効果と抗酸化作用もあるため、シワやたるみを改善することにも期待が持てます。

・ニキビにも効果あり

アフリカではかゆみ止めとして使用されていましたが、それは抗炎症作用があるからです。そのため、ニキビのような炎症しているお肌にも炎症を押さえる効果に期待が持たれています。

・シャンプーのきしみ防止

シャンプーをすると髪がきしむという方はシャンプーに少量のシアバターを加えるとしっとりした仕上がりになります。保湿効果が高いので髪にも良い効果が期待できます。

・その他

保湿効果が高いので、男性のひげそりあとのケアやネイルケアのあと、入浴後の全身の保湿にも使うことができます。

さらにかかとのざらつきにも効果があり、ひびが入って切れてしまう方にもオススメです。

また、毛穴のケアにも使えます。黒ずみやがさつきにも効果があると言われています。

シアバターの使い方

シアバター シミが消えた

実際にシアバターの使い方をお伝えします。簡単なので、シアバターを購入したらぜひ試してみてくださいね。

・スキンケア

スキンケアとして使う場合は、洗顔と化粧水でお肌を整えて、この上にシアバターを重ねます。シアバターは体温に温められるとオイル状になり、とても良く伸びます。多めにぬってしまうとべっとりしますので、少量をお顔全体にのばしてください。

・ボディーケア

お風呂上がりなどにシアバターを体全体になじませるようにぬります。

かかとなど、ガサガサが気になる場合は、スペシャルケアとしてシアバターを多めに(ちょっとぎとっとするぐらい)ぬってビニールで覆い、一晩そのままにします。朝起きたら洗い流してください。かかとがしっとりしますよ。

シアバターの精製したものと未精製の違い

シアバターには精製したものと未精製のものがあります。日本で販売されているものは、ほとんどが精製されているものになりますが、違いをご紹介します。

・精製したもの

不純物を取り除いているシアバターです。色は白く、香りはほとんどありません。未精製のものから酸化する物質を取り除いているので、安定していて長期保存ができます。そのため、日本では精製されたシアバターが店頭に並んでいるのです。

また精製されたシアバターには、添加物が入っているものもありますが、できるだけシアバター100%のものを選ぶことをオススメします。添加物がお肌に合わない場合もあるためです。

・未精製のシアバター

クリーム色などをしているものは未精製のシアバターです。収穫時期や抽出方法によって色が少しずつ違います。香りはココナッツのような独特な香りがします。浸透性は未精製のものの方が高いと言われています。

まとめ

シアバターの驚くべき力!乾燥が気になる秋や冬だけでなく、花粉が飛ぶ春や冷房の中で過ごす夏もお肌は乾燥しがちです。シアバターの保湿力でお肌にうるおいを与えてみませんか?

さらに赤ちゃんから大人まで、性別関係なく使用できるので、ご家庭に1つあれば家族みんなのお肌が保湿されます。

ぜひご家庭に一つ、シアバターを常備されることをオススメします!
シミが本当に消えて驚いています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました