シルバー磨きの代用はおうちにあるこの3つでOK

お気に入りのアクセサリー、久しぶりにつけようと思ったら、黒ずんでいた。なんて、残念な思いをしたことはありませんか??

その黒ずみ、おうちで簡単にきれいにできたらうれしいですよね。

黒ずんでしまったシルバーアクセサリーをシルバー磨き専用のクロスや薬剤がなくても家にあるもので代用し、蘇らせる方法を調べたので、シェアします。

シルバーアクセサリーの黒ずみの原因

シルバーアクセサリー、つまり銀製品の黒ずみの原因は、主に2種類。

銀の塩化硫化が原因です。高校の化学の授業みたいで、頭が痛くなりそうですが、少し触れておきますね。

銀の塩化とは、漂白剤などに入っている塩素と銀が反応して、黒ずみを起こすことです。

なので、指輪をつけたまま漂白剤を使ってしまい、指輪が黒ずんでしまった時などは、塩化です。

また硫化とは、温泉になどに含まれる硫黄分と銀が反応して起こる変化です。アクセサリーを身に着けたまま、温泉に入ってしまって、黒ずみを起こしてしまったときは硫化です。さらに、硫黄は空気中や皮膚にも微量に含まれているため、銀製品は置いておくだけでも黒ずンでしまうのです。

シルバーアクセサリーをおうちにあるもので蘇らせる方法3つ

シルバー磨き専用のクロスや薬剤を使ってお手入れするのが一般的です。でもご家庭にあるもので代用できる方法をいくつか見つけました。そのうち本当に簡単だ!!と思たものを3つ紹介しますね。

歯磨き粉で磨く

用意するもの:練歯磨き粉 やわらかい歯ブラシ やわらかい布

歯磨き粉に含まれている研磨剤で、黒ずみをおとします。少量の歯磨き粉を、アクセサリー着け、指ややわらかい歯ブラシなどで磨いて、水で洗い流すだけ。あとは、やわらかい布で水分をふき取って終わりです。

あまり強くこすってしまうと、アクセサリーに傷がついてしまうので、スクラブ入りの歯磨き粉や、かたいブラシを使うのは避けてください。

お酢につけておく

用意するもの:お酢 熱湯 コップやお椀(耐熱性) やわらかい布

コップやお椀にアクセサリーとお酢を入れ、アクセサリーが浸るまで熱湯を注ぎます。そのまま1時間程置いておき、その後、水できれいにすすいで、やわらかい布で水分をふき取ります。

重曹とアルミホイルを使う方法

用意するもの:アルミホイル 重曹 熱湯 コップやお椀(耐熱性)

  1. コップやお椀にアルミホイルを敷きく
  2. ①の容器に重曹を大さじ1程度入れ、熱湯を注ぐ
  3. できた重曹水の中にシルバーアクセサリーを入れ、お湯が冷めるくらいまで置いおく
  4. 水で洗い流して、やわらかいらかい布で水分をふき取る

これらの方法なら、すぐにでもできそうですね。

自分でお手入れするときの注意点

アクセサリーの素材に注意

アクセサリにーに宝石やゴールドなど他の素材もつかわれている場合や、素材が本当にシルバーかわからないときは、変色や破損の恐れがあるので、ここで紹介した方法を試すのやめておきましょう。

また、素材がシルバーでも、重厚な雰囲気を出すためにいぶし化工されたものは、せっかくの風合いが台無しになってしまうので、上記の方法は向いていません。

不安な時は専門店へ

高価なものや素材がわからないものは専門店にお願いしましょう。シルバーの指輪なら2000円ほどで新品のようにピカピカにしてもらえるみたいです。とくに、お気に入り物は失敗したくないですよね。

最後に

シルバーアクセサリーは、長く愛用すれば自然と黒ずんでしまうものです。でも、素材がシルバーとわかっているものは、家庭にあるもので簡単にピカピカにでることがわかりましたね。これで、いつでも美しいシルバーアクセサリーが身に着けられますね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました