眉毛の剃ってはいけない部分は眉上

普段はサロンで眉毛を整えてもらっていたけど、今は外出自粛で眉毛を自分で整えないといけなくなったという方は多いのではないでしょうか。

私も最近、久しぶりに眉毛を自分で整えることになりました。

でも、失敗したら生えてくるのに時間がかかるし、

久々でどこをどうしたらいいのやら…

そこで今回整える際のポイントや、剃ってはいけない部分について調べ、まとめてみました。

同じように久しぶりに自分で眉毛を整えるという方の参考に少しでもなれば幸いです。

眉毛を整えるうえで剃ってははいけない部分は?

まず、自分で眉毛を整える際に注意しなければならない箇所があります。

”眉上”です。

その理由は、眉上を剃りすぎてしまうと、眉丘筋(びきゅうきん)という筋肉が目立つことにより不自然な表情になったり、老けて見えてしまう可能性があるからです。

産毛程度であればもちろん問題ありませんが、大胆に眉上の部分を整えると上記にようなデメリットがあるので、眉上はあまり剃り過ぎず、自分のもともとの形を生かすように整えましょう。

失敗しない整え方のポイント

①必要な道具

・スクリューブラシ

・眉用ハサミ

・眉用電気シェーバー

・アイブロウペンシル

ほとんどのアイテムは薬局で揃うので眉毛の処理に必要なものを用意しましょう。

カミソリを普段使っているという方もいるかもしれませんが、電気シェーバーはカミソリよりも肌への負担が少ないので電気シェーバーをオススメします。

また、ピンセットで処理する方法もありますが、皮膚が薄い瞼周りの毛を抜くと、たるみにつながる恐れがあるので毛を抜く際は無理に引っ張ったり、強い刺激を与えないよう注意しましょう。また、抜くより剃って整えたほうが、万が一失敗してしまったときも生えてくるのに時間がかからないという点でも安心です。

②必ず下書きをする

道具を揃えたら次に、スクリューブラシで眉毛を整えます。

そして、アイブロウペンシルで眉毛を普段通り描いていきましょう。

もう一度コームで眉毛をとかして、この下書きからはみ出た太い毛を少しずつハサミを使ってカットしましょう。短く切りすぎないよう注意してくださいね。はみ出している箇所を少し切るだけで十分です。

産毛はシェーバーを使うと便利ですよ。このとき前述したとおり、眉上の毛は剃りすぎないよう注意してくださいね。

眉上の毛を剃ってしまった!その対処法は?

慎重に整えていたのにやってしまった…

誰しもが眉毛を剃りすぎてしまった経験がありますよね。

そんなときの対処法についても調べてみました。

①書き足す場合はアイブローパウダー+ペンシルがオススメ

まず、剃りすぎてしまった部分にやや明るめの色のパウダーをのせます。毛が残っている部分となじませるために他の部分にもなじませるようにのせましょう。

次に剃り過ぎてしまった部分にペンシルで一本一本描き足すようなタッチで眉毛を描いていきましょう。反対側の眉毛の同じ部分が残っているのなら、反対側をお手本ににしながら描くと描きやすいですよ。

②どれくらいで生えてくる?早く生やす方法はある?

剃りすぎた眉毛は一日で0.16~0.18㎜生えてきます。整った眉毛の長さは4~6㎜と言われているので、剃りすぎた場合は一か月程度で完全に元の長さに戻る計算になりますね。

先に書いたようにアイブローパウダーとペンシルを使っその間乗り切りましょう。

これに比べ、抜いてしまった場合、元通り生えてくるまでさらに長い時間がかかります。また、抜いた毛は生えてこなくなる可能性もあるので、眉毛のお手入れをする際、やはり抜くことは避けたほうが無難かもしれませんね。

また、眉毛を早く生やす方法を調べると、眉毛用の育毛剤があるようなので、そちらを使用するのもいいかもしれません。

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は眉毛の整え方についてまとめました。

眉毛一つで顔の印象が大きく変わりますし、生えてくるまでに時間がかかるので、なるべく失敗せずに綺麗に整えたいものですよね。

普段はプロに任せていたという方や、今まであまり整えていなかったという方は、ぜひ今回紹介したポイントを抑えてトライしてみてください。

少しでもみなさんのご参考になれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました