二重の幅が変わる原因と解消法はある?

朝起きてふと鏡を見たときに、

「あれ、二重の幅がかわったかも…?」

と感じることはありませんか?

私は最近、よく感じるようになりました。

二重の幅が大きくなって目がパッチリしたなら嬉しい変化ですが、私の場合は逆で、幅が狭くなって目が小さく見えるような気がしているんです。

目は口ほどにものを言うという言葉もあるように顔の中でも目は特に大切なパーツですよね。大きく二重の幅が変わると別人のように見える場合もあります。

そこで今回、どうして二重の幅が変わるのか、その原因と解決策について調べてみることにしました。

同じように最近二重の幅に違和感を感じるようになった方の参考に少しでもなれば幸いです。

二重の幅が変わる原因

二重の幅が変わる原因は大きく分けて5つあります。

順番にみていきましょう。

①食生活による顔のむくみ

朝起きて二重が一重になっていたり、二重幅が狭くなっているけど昼過ぎくらいには元に戻るという人に多いのは顔のむくみによる二重幅の変化ではないでしょうか。

お酒を飲んだ翌朝や、塩辛いものを食べて喉が乾くからと水分を多めにとった翌朝はむくみやすくなりますよね。瞼の皮膚は非常に薄いので、むくむことによって二重幅に変化が生じやすいのです。

②眼の疲れからくるもの

PC操作のし過ぎ、スマホの見すぎなどで目を酷使していると、眼精疲労となり二重幅に変化が生じる場合があります。私もつい毎日のように寝る前にスマホを布団に持ち込んで見てしまいます。スマホを集中して見ていると瞬きの回数が少なくなり、ドライアイになりやすくなり、眼の疲れを引き起こす可能性があります。

③加齢による二重の変化

加齢と共に瞼の皮膚がたるんでくると二重幅は狭くなってきます。また、皮膚のたるみだけでなく、ミュラー筋という瞼を引き上げるときに使う筋肉の衰えにより二重の幅が狭くなる場合もあります。

④睡眠不足によるもの

睡眠不足により、老廃物や水分が上手く排出されずにいるとむくんで二重幅が変化することがあります。逆に寝すぎても体を動かさない時間が長くなることにより、リンパの循環が悪くなり、むくみの原因となるそうです。

⑤体重の変化

また、ダイエットなどで痩せることによって顔の脂肪がすっきりとし、一重の人が二重になったり、もともと二重の人の二重幅が広がったりすることがあります。

二重の幅が変わった時の直し方

①瞼マッサージ

自分で手軽に行える解消法としてマッサージがあります。

瞼周りの血行を促して余分な老廃物や水分を排出してあげましょう。

ただし、瞼の周りの皮膚は非常に薄いのでマッサージする前には必ず、摩擦を軽減するためにクリームやオイル等をぬり、力を入れすぎないように優しく行いましょう。

②瞼を温める

温めることによって瞼周りの血行をよくし、老廃物を排出する効果が期待できます。

自宅でホットタオルを作ってもいいですし、今は薬局等に使い捨てのものも様々な種類があるのでそちらを使用してもいいかと思います。仕事で眼を酷使したあとのリフレッシュにもなりますよね。

③食生活などの生活習慣に気を配る

むくみやすさは人それぞれ体質があります。お酒を飲んだり、水分を取りすぎた翌日にむくむ、寝不足や寝すぎた後にむくむ、など明らかな原因がわかっている人は生活習慣を見直してみるのが二重の幅を安定させる近道です。

また、短期間での極端な体重の変化も瞼のたるみに影響を与える可能性があるので日ごろからの体重の管理にも気を配りたいところですね。

④外科的治療

加齢などで狭くなった二重の幅を元に戻すには美容整形を受けるという手段もあります。

自分でできることをしてみて、それでも変わらず悩んでいるのでしたら、プロに相談してみるのもいいかもしれませんね。

片目だけ二重幅が変わった場合はどうしたらいい?

左右で二重の幅が大きく違う場合、アイラインのひき方で左右差を目立たなくすることが可能です。

二重の幅の広いほうは太めに描くことで二重幅を狭く見せることができます。

逆に二重の幅が狭い方はまつ毛の生え際ギリギリを埋める感じで描き、二重をの部分をなるべくアイラインで埋めないよう注意しましょう。そうすることにより二重の幅を広く見せ、左右の幅を揃えてみせることができます。

目の左右差や非対称のお顔をメイクでカバーする方法♡シンメトリーメイク♡メイクアップアーティストAlisaのメイク講座

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は二重の幅が変わってしまう原因と対処法について調べて、まとめてみました。

二重の幅は1,2ミリのちょっとした変化でも人に与える印象は大きいものですよね。

最近二重の幅が変わって気になっているという方の参考に少しでもなれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました