海外移住・長期滞在する時の事前チェック事項まとめ

海外移住や海外に長期滞在する際、事前にチェックしておきたいことをまとめます。

意外と盲点なところもあると思いますので、ここにあげる項目はぜひ事前チェックすることをおすすめいたします。

モバイル・インターネット事情

アメリカ sim

インターネットがすでに通っている住居に住む場合は、家賃にネット代が含まれていると考えられるので自宅でのインターネットはあまり気にすることはないかもしれないですが、それでもモバイルネット事情もチェックする必要はあります。

モバイルキャリア比較とSIMカード購入

海外に降り立ったら、まず最初にすべきことは現地通貨の両替と携帯電話のSIMカード購入ではないでしょうか。

もちろん、空港内で購入すると市街よりも割高かもしれないので、市街で買ってもいいと思いますが、その国のキャリアが何社あり、それぞれの特徴は事前に知っておくといいです。
またどこで買えば格安なのか、アクティベート方法は簡単にできるのかも要チェックです。

プロバイダーとプラン・価格の比較

プロバイダーが何社あり、どんな料金プランで提供しているのか比較し、自分のライフスタイルにあったものを選ぶ必要があります。

スマホのSIMを使ってのモバイルネットをテザリングして、自宅でのPCやタブレットのインターネット作業は問題ないのか、
それともモデムを購入して自宅にWI-FIを導入するべきか、考える必要があります。

プリペイドなのか、ポストペイド契約がいいのかも要チェックです。

交通事情

海外 配車アプリ

電車・タクシー・バス・バイクなど、どんな手段があり、各種の料金帯もしっておくべきです。
自宅が決まっていれば、どの交通機関を使えば、どこどこへ行けるかチェックしておくといいですね。

配車アプリをダウンロード

世界各国、Uber、Lyft、Grab、YANDEX Taxi、CAREEM、DiDiなどの配車アプリがありますが、移住先ではどの配車アプリがあるのかチェックしておくといいですね。

またはじめて降り立った空港から宿泊先や自宅に移動する際も、電車・バスがなく、ぼったくりタクシーの遭遇を避けたければ、配車アプリを使うのが一番安心です。

またバスアプリやバイクタクシーアプリなどもあるので知っておくと便利だと思います。

キャッシュレス決済事情

キャッシュレス決済する場合、その国ごとに主要のプラットフォームがあるので、どのアプリでできるのか、入金方法、出金方法もチェックする必要があります。

キャッシュレス決済アプリ

海外 キャッシュレス決済

日本でも、PayPay、楽天Pay、LINE PAYなどたくさんあるように、世界各国でAlipay、Wechat pay、Venmo、Swish、Lydia、Yoyo、Apple Pay、ZeroPay、KakaoPay、Paytm、NETS Pay、Prompt Pay、PayNow、GCash、PayMayaなどさまざまなアプリがあります。

移住先の国ではどのプラットフォームを利用するのが便利でお得なのか事前にしらべておくのもいいかもしれません。

デリバリーサービスアプリ

キャッシュレス決済アプリと付随して、デリバリーサービスのアプリも連動している場合があります。
Uberのように配車サービスだけでなく出前サービスもある感じです。

そして、それがクレジットカードを登録してクレカ決済されるのではなく、上記で紹介したキャッシュレス決済アプリのアカウントに紐付けさせて、決済ができるということです。

引っ越してすぐ、外食や自炊するのが面倒だってとき、出前を頼みたければキャッシュレス決済アプリだけでなく、デリバリーサービスのアプリも事前にチェックしておくと便利かもしれません。

銀行口座開設事情

銀行口座の開設はマストではないと思いますが、移住先によって開設することで生活がとても便利になるのであれば開設すべきです。

必要なのはパスポート、現地電話番号、現地住所(なくてもいいところもあります)、最低預金額くらいだと思います。
まだ移住先の言語が英語じゃなく、わからない場合はスマホにGoogleレンズのアプリをダウンロードしておけば、渡された書面でわからないことがあれば翻訳してくれるので便利です。

ちなみに日本円を現地のどこの両替屋よりも最良のレートで両替する方法がこちらに書かれていました。
PayPalなどの電子決済サービスを通して銀行口座やキャッスレス決済アプリに送金する場合でも為替手数料は5%弱はかかるので、この方法で現金を手に入れるのが最安な方法だと思います。

電気 ガス 水道料金の相場

家賃や物価の料金は、事前にチェックしていると思いますが、意外と抜けていて困るのが電気、ガス、水道の料金の把握です。旅行とは違い、移住・長期滞在ではライフラインのサービス・料金も気にすべきです。

料金は国によってまったく異なってきますので、事前にチェックしておきことをおすすめします。
夏や冬にエアコンを使うことで、一気に料金がアップするなんてことはありえます。

また、支払い方法もオンライン決済できるのか、支払い窓口はどこなのかも要チェックです。

コンセントの形

世界 コンセント 形 一覧

旅行に行く際にも気をつけるのが電圧の違いですが、ノートパソコンやスマホの充電は100~240Vに対応しているので世界中どこでも使うことができるので気にしないかもしれません。

しかし、見落としがちなのがコンセントの形です。

移住先の国のコンセントの形を事前にチェックして、変換プラグをゲットしておくのは安心です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました